×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 幸福なひとときというのは、例えばあめ玉を1つ舐める間の甘さに似ている。そのさなかには過ぎるとさえ感じられる甘さも、去ってみればそれは不思議な後味だけを残していく。
 それは苦くもあり、また時に無味でもある。
 それは幸福の余韻に似ている。

 あの人の優しさは、例えるなら無尽蔵に与えられるあめ玉のようなものだと思う。いつまでもいつまでも、いっそおそろしくなるまでにずっと、ただ与え続けられるあの人の優しさ。あの人の優しさは残酷だ。そして私はそれを突き放すこともできない。
 (そんな優しさなんていらない、と、)
 (言ったってあの人はきっと許すのだろうけれど)
 (……けれど、)















 (望んでいいとしたらきっと、私は望んでしまうのだと思う。)
 (たとえ、そう、)
 (それが誰のためにもならないとしても)











(ワン・モア・ロリポップ)
sadest, sweetest




掌編ともいえないくらい短い。“チョコレート〜”よりもっと短い。
“スイートスイートソロウ”の続き。むしろ裏側。