×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 困ったように笑う彼女の横顔は綺麗で、けれど僕は、ああ傷つけたんだなァ、などという妙な感傷でもってそれを見つめた。
 傷つけた、というと多少語弊はあるものの、結局、彼女が浮かべる綺麗な笑みが僕によるものであるのなら、やはりそれは僕に原因があるのだろう。
 彼女は聡い人だから、きっと僕のこんな葛藤にも気付いている。
 だからこそ、彼女はこんな綺麗に笑うのだ。
「傷つけたという……それは罪悪感なの?」
「判らない。けれど、少なくともいい気はしない、かな」
「…そう。それなら……こんな思いも悪くはないわね」
「―――ごめん」
「どうして?」
「どうしても。今言わないと、きっともう言わないと思うから」
 言いながら、自分でも言わんとする所が判らなくなってきたように思う。
 別段何か言いたい事があったかと問われればそうでもない。
 ただ、彼女の綺麗な笑みが何処か痛く、哀しかっただけなのだ。
「…そんなつもりじゃなかったのに」
「……知ってるよ」
「私だって、………私だって、」
「うん、知ってる。だから、もういいんだ」
 繰り返される言葉に、同じように繰り返し言葉を返す。
 だから、というわけではないけれど、本当の事など知らないほうがいいのだろうな、と、漠然と思った。
 根拠なんて何もなかった。








(013.嘘つき)




嘘つきなのはどっちなのか。或いは両方とも嘘つきなのか、そうでないのか。
全てありうる空気で、けれど結末などない曖昧なお話です。