×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




「結局、これが僕らの距離なんだ、と、思うよ」
「曖昧」
「うん、そう。けれどそれこそが、きっと丁度いいんだよ」
「……酷く勝手だけれど…あなたは拒絶も許容もしない人だと思っていたわ」
「………君がそう思うのなら、或いはそうなのかも知れないよ?」
「違うの。そうじゃなくて……そう、あなたは、肯定をしないんだわ」
「肯定、を? どうしてそう思うの?」
「傷つかない為の――――つまり、傷つけない為の、方便でしょう?」
「…言っている意味が、判らない」
「そうね。けれどそれが、私達にとっては必要な距離なんだわ」
「――――君は、」
「いいの」
「……これ以上も、以下もないのかな」
「ないわ。きっと、この瞬間だけが唯一で全てで……一番終わりに近い所なのよ」
「終わりを求めるのは、その時が怖いから?」
「判らない。ただ、求めているからこそ、私はこんな風にいられるのだと思うわ」
「僕はきっと君から一番遠い所でそれを見ているよ」
「……そうね。こんなに近いのに……遠い、のね」
「それが僕らの距離なんだ。どうしても必要で、最高に無意味な」

 触れた合った背が静かに震える。
 それでも、彼女は僕から一番遠い所にいる。








(011.背中合わせ)




相変わらず状況の判らない文章で申し訳ないですが、こういう会話ばっかりの文章は書いていて楽しいので好きです。