×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 理解しえない感情ばかりが燻っている。
 音もなく拒むように、気配さえなく漂うように。
 指折り数えた日々はいつの間にかこの手を離れ、終わってしまった事にも気付かないまま、未だにやむ事なく降り続いている。
 終わってしまったのだと、誰かが言ってくれたら。
 そうすれば、過ぎ去った日を静かに、波間に埋葬してやる事が出来るのに。
「厭わないままに夜は続いていくの。歌うように日々は積もって、忘れられない何かが穏やかに死にゆくように」
「…どういう意味?」
「意味なんかないの。誰も本質なんて見ていないのだから」
「死にゆく事を、君は厭わない?」
「穏やかならば。願わくは、独りで」
 そう言って彼女は微笑う。
 酷く透明な、完成された笑み。
 それを見るたびにいつも、彼女の中では既に何かが終わっているのだろう、と思わずにはいられなかった。








(005.それはもう過ぎた話)




前半と後半がさっぱり繋がっていません(要反省)
終わってしまった話を、まるでそこにあるかのように書くのは楽しいので好きです。
完成されたものを、まるで未完成のように書くのも好きです