×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




 例えば平均台が二台並べて置いてあるのを想像してみればいい。
 僕と彼女、或いは彼女と僕との間柄はつまりそういうものなのだ。
 判らない、と言われても困る。
 だって僕にもよく判らないのだから。
 少なくとも、絶対に僕らは今の距離を壊す事はないし、また壊そうと思ったってきっとそれは無理なのだ。
 それでなければ…そう、合わせ鏡にも似ているかも知れない。
 果てなく何処までも、突き詰めればきっと終わりなんかない。
 互いに終わらせるだけの決定的な理由をもっていないまま、やはり細い平均台の上を歩くように僕らは共に生きているのだ。
(もっとも、そんな風に生きていくにはこの世界は余りにも窮屈なのだが)







(001.平行線)




こういう形式は、特に深く考えずに書けるので好きです。
けれど、深読みすればするほどきっと判らなくなると思います(自分でも/ぇ)